子供のケガや病気と対処法・治療法

子供がとびひになってしまった時の家庭での対処法

子供のとびひ・・・この時期はプールもあり、蚊にもよくさされ、とてもなりやすい病気の一つだと思います。

 

とびひになると子ども自身もプールには入れなかったり、家族にもうつってしまったり
そのままにしておいても何もいい事はありません。

 

実際に私の3歳になる子供もたぶん蚊にさされから掻いてしまい、
かさぶたになるほどっだったのが、かさぶたも気になり取ってしまいとびひになってしまった
という感じです。

とびひとはどんな病気か、ご存知ですか?

とびひとはどんな病気か、ご存知ですか?

 

実際私も子供がなってしまったのは初めてでしかもお盆の期間で皮膚科・小児科も
普通にはやっていなく実家に帰省していた為、子供受給者証を貰っている県とは違うところにいました。

 

ここまで普段と違うと病院へ行くのもためらってしまいますよね。

 

まず私はインターネットを使って一つのサイトを鵜呑みにしてしまうといけないので、
いろんなサイトでとびひを検索しました。

 

とびひの中にも原因・種類見たいのがあってそれぞれ効くお薬・対処法が違いました。

 

まずとびひの正式名称は【伝染性膿痂疹】と言います。黄色ブドウ球菌あるいは
連鎖球菌が皮膚の浅い部分に感染し水疱あるいは膿疱をつくる化膿性の病気です。

 

黄色ブドウ球菌が原因のときは水疱、連鎖球菌・黄色ブドウ球菌と混合感染の時は膿疱やかさぶたになります。

 

原因は何だろう・・・

水疱を作る水疱性膿痂疹は虫刺されや擦り傷など皮膚のあさくて小さい傷に黄色ブドウ球菌が感染し、
菌がつくる表皮剥奪毒素という毒素によって皮膚の浅いところに水疱ができます。
かさぶたができるとびひについては毒素がどのように関与しているかは不明です。

 

私の子供の場合は水疱ができていてじゅくじゅくとした状態だったので、すぐに黄色ブドウ球菌が原因のほうだとわかりました。

 

皮膚科や小児科に行った場合には抗生物質などの内服薬と一緒に患部に抗生剤に軟膏や弱いステロイド薬を塗るようです。
私は泊りなどで出かける際にテラコートリル軟膏(抗炎症作用が入った副腎皮質ステロイド)(私は皮膚には万能薬だと思っています)と
ベポラップは必ず持っていくので、患部にシャワーなどをあて水疱の皮をやさしくこすり皮膚についている菌を洗い流した後に
テラコートリル軟膏を塗り、子供が触らないようガーゼを巻きました。密閉された状態はよくないそうなので巻いても2周位です。

 

一日三回位はガーゼを変えるようにしてました。出先などでガーゼを変える前にシャワーで流せない場合は、
マキロンを買い贅沢使いですが、マキロンで流しながらティッシュオフの際に皮を少しめくりながら流すようにしていました。

 

そんなことを二日ほど続けていたら水疱もなくなり、ガーゼのおかげで子供も幹部を触らないので再生した皮膚ができて来ていました。

 

患部を乾かした方がいいなと思い、薬はつけるがガーゼはやめようと子供に膝下まであるズボンを履かせました。膝に患部があったので・・・
その方法で何日か過ぎ、結局自分の住んでいる所に戻ってきても病院には行かずそのまま治しました。

 

もっと体に影響が出る熱や鼻水・せきなどだったら私もすぐに病院に行きますが、家庭でのケアで乗り切られれものもあるんだなと思いました。
自分でインターネットなどで調べて思い込んでしまい、誤った対処法をしてしまうと大変なことになると思うので気をつけなければいけないですけどね。

関連ページ

川遊びで転んでしまい頭に石が刺さって大ケガ
川遊びで転んでしまい頭に石が刺さって大ケガ〜子供のケガや病気と対処法についての解説。どんな怪我や病気をし、どんな治療法を行ったのかを体験談から詳しく解説!子供の虫歯の予防法や治療法についても。
幼稚園の帰りに2mの高さから転落し、大けがを負った娘
幼稚園の帰りに2mの高さから転落し、大けがを負った娘〜子供のケガや病気と対処法についての解説。どんな怪我や病気をし、どんな治療法を行ったのかを体験談から詳しく解説!子供の虫歯の予防法や治療法についても。
小学生の子供、ブランコで大怪我をし整形外科で頭を縫われた
小学生の子供、ブランコで大怪我をし整形外科で頭を縫われた〜子供のケガや病気と対処法についての解説。どんな怪我や病気をし、どんな治療法を行ったのかを体験談から詳しく解説!子供の虫歯の予防法や治療法についても。
子供にケガをさせない為にはまずは自分の体調管理が最重要!!
子供にケガをさせない為にはまずは自分の体調管理が最重要!!〜子供のケガや病気と対処法についての解説。どんな怪我や病気をし、どんな治療法を行ったのかを体験談から詳しく解説!子供の虫歯の予防法や治療法についても。